資料の紹介

 パンデミック対策としてテレワークが急速に広がったことで、ファイルサーバーなどオンプレミスからクラウドへのデータの移動が、ますます加速しつつある。そんななか、Microsoft 365で扱うデータをいかにして保護しバックアップするかは、企業や組織の最重要課題の一つになっている。

 もちろんMicrosoft 365にもデータ保護・保持の仕組みは用意されているが、すべてのSaaSと同様、データの保護責任はユーザー企業自身にある。ユーザーの作業ミスをはじめ、様々な原因でデータ損失事故が発生している昨今では、サードパーティーのバックアップソリューションで対策することも有力な選択肢となっている。

 本資料では、Microsoft 365の基本から始め、データ損失が起こる背景や要因、データ保護対策を怠ることで発生し得る金銭的損失、ここだけは押さえておきたいデータ保護対策のポイントなどを、わかりやすく解説している。バックアップソリューションを選ぶ際に重要な着眼点についても示唆している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。