資料の紹介

 これからの企業にとって、データとAI(人工知能)の活用は不可欠だ。経営の意思決定はもちろん、営業やマーケティング、人事、総務、開発など、あらゆる部門でAIによるデータ分析が重要な役割を果たすようになる。しかし現在のところ、ほとんどの企業はパイロット的なAIプロジェクトだけ実施したり、単一のビジネスプロセスにAIを適用したりしているにすぎない。

 これでは、AIの価値を最大化し、会社を変革することはできない。重要なことは、社内横断的な組織(センターオブエクセレンス)を作り、AI導入・活用を全社で推進することだ。そして、すべての従業員がAIによるデータ分析に基づいた業務を日常的に行っている会社を目指すのである。そのとき、その会社は圧倒的な競争力を持つ組織へと変貌しているだろう。

 本資料は、AI導入・活用を推進するために必要な組織作りと運営のガイドである。センターオブエクセレンスとビジネス部門のそれぞれについて、実行すべき取り組み、役割と責任、考え方を整理する。時間がかかり、楽な取り組みではないが、本資料に目を通せばその道筋が見えてくるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。