資料の紹介

 IoTの普及とともに、産業用ネットワークのデジタル接続が増えた。当然、サイバー攻撃の脅威にもさらされている。ただ、IT(情報技術)システムのセキュリティ対策に比べて、OT(運用技術)システムのセキュリティ対策は不十分な企業が多い。実際、ランサムウエアによる攻撃を受け、2週間にわたり業務が中断し、機器の損傷も合わせて3億ドルもの損失を被った企業もある。

 産業用ネットワークのセキュリティ対策には、OTとIoTを可視化するソリューションを活用するのが有効だ。ITインフラとスムーズに接続できる製品を選択すれば、企業全体のセキュリティレベルの向上も期待できる。

 本資料は、サイバー攻撃で産業用ネットワークが狙われた有名な事例を紹介するとともに、リスクや被害を抑えるソリューションを取り上げる。紹介されている事例は、被害の金額や規模が大きく、他人事に感じるかもしれない。しかし、身近に起こりうる事案であり、状況しだいでは会社の存続をも左右してしまう。起こってからでは遅いことを肝に銘じて備えておこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。