資料の紹介

 契約は企業にとって最も重要な業務の一つである。だが、紙と押印による従来の契約は、社内承認や相手とのやり取りに時間がかかるだけでなく、印紙代や郵送、書類の保管・管理にコストや手間がかかる。コロナ対策でテレワークをしているのに、契約書に押印するだけのために出社するといったことも起こる。

 ただし、電子契約/署名を導入してペーパーレス化を進めようとしても、サービス導入の手間や、取引の安全性、セキュリティなどの懸念から、導入に踏み切れない企業も少なくない。自社だけでなく、取引先にも負担をかけずに安全・確実に使ってもらえるかという心配もある。

 本資料では、契約業務の効率と安全性を向上する手段として、企業間での契約締結と管理をWeb上で一元化できるクラウドサービスを紹介する。導入企業60万社超の企業間取引支援プラットフォームと共通のIDを使えるほか、電子帳簿保存法への対応や閲覧権限の設定といった特徴と導入メリット、代表的な事例、料金体系などを確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。