資料の紹介

 複数のパブリック・クラウドを併用するマルチクラウドの導入が加速している。迅速な事業展開、目まぐるしい変化への柔軟な対応、データ処理の分散など目的は様々だが、利便性ばかりに目が向き、見落とされがちな課題がある。それがアイデンティティー(ID)管理である。

 開発のフェーズでは、単一のクラウドプラットフォームでさえ一時的なインスタンスやオブジェクトストレージへのアクセス相関を管理するのは非常に複雑だ。ましてやマルチクラウドではさらにハードルが高くなる。だが、セキュリティやITガバナンスの観点からは、これらのアクセス管理を一元化し、未然にトラブルを防ぐことが必要不可欠だ。

 本資料では、マルチクラウドにおけるID管理の考え方と、順守すべきガバナンスのポイントについて解説する。最適な解決策はクラウド環境を包括的に可視化することだとし、これを実現するソリューションとして人工知能(AI)や機械学習による自動化を提案する。これによりガバナンス管理のリスクと労力を軽減し、マルチクラウドを活用する人材の生産性向上が可能になるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。