資料の紹介

 市場の変化やDX(デジタル変革)への対応に追われるなか、企業のソフトウエアへの依存度はますます高まっている。今日の企業は、かつてないほど多くのソフトに投資しているとも言える。しかし、実態調査などの結果によれば、せっかく導入したソフトでも、従業員が期待通りに使いこなせているとは限らないのが現実だ。

 ソフトの活用度を高めるためのアプローチとして注目されているのが、「デジタルアダプション(ソフトやアプリの利活用・定着化)」と呼ばれるソリューションだ。社内のユーザーに、より良いサポートを迅速に提供できるようにするためのツール群を備え、生産性とソフトの投資収益率(ROI)の最大化を狙う。コンプライアンスやガバナンスの推進にも効果があるという。

 本資料では、従業員が社内のソフト資産をもっと使いこなせるよう支援する「デジタルアダプション」のソリューションについて、5つの必須要素と、IT部門などがこれらを活用してDXを実現する方法を概説する。ソフトの利用中に「操作ガイド」や「注意事項」を表示する「アプリ内ガイダンス」により、大きな学習効果が得られるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。