資料の紹介

 会計システムの導入やリプレースを検討する際、特に要件が複雑になりやすい大手企業では、システム機能要件をまとめたRFP(提案依頼書)の作成が欠かせない。しかし、会計システムの導入や刷新は通常、5年に1回程度のイベントであり、「RFPの作成は初めて」「作成したことはあるが会計システムは初めて」という担当者が多いだろう。

 提案に先立って、ベンダーにシステム構築の目的や要件を伝えるRFPは、ベンダーとのコミュニケーションの前提となる重要なドキュメントだ。システム構築の失敗要因としてよく挙げられる、ベンダーとのコミュニケーションロスやすれ違いを防ぐためにも、RFPを適切に作成することが極めて重要になる。

 本資料では、会計システムのRFP(提案依頼書)作成における基本知識と、要注意ポイントを解説する。Excel形式のサンプル(会計システムの機能要件一覧と回答票)も用意しており、「仕訳計上についての項目はどのくらいの粒度で、どこまで詳しく書くべきか」「ベンダーにはどんなフォーマットで回答をしてもらえばよいのか」といったことを具体例で確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。