資料の紹介

 ランサムウエアによるサイバー攻撃が後を絶たない。有名企業が被害に遭った事案も、たびたび報道されている。ランサムウエアの攻撃による被害は深刻で、ビジネスが長時間停止に追い込まれたり、金銭を搾取されたり、データが欠損したりといった被害を受けるだけでなく、社会的な信用も失いかねない。

 セキュリティ対策は、内部ユーザーを信頼する「境界型」ではなく、誰も信頼しない「ゼロトラスト」の前提に立つのが主流になりつつある。攻撃手法はますます巧妙化しており、完全に防ぐことはもはや不可能だ。サイバー攻撃の検知システムも、普段とは異なるふるまいをするなど、リスクのある挙動を検出して対処する臨機応変なものが求められる。

 本資料では、ランサムウエア攻撃の検知や、ユーザーデータのアクセス監査に対応するセキュリティ技術と製品を紹介する。人工知能(AI)や機械学習を活用して異変を検出し、脅威かどうかを判断する。手動でのルール設定やアップグレードは排除。また、単一部署からグローバル企業まで対応できる拡張性を備えるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。