資料の紹介

 コロナ禍によって、自動車業界を含むあらゆる業界がサプライチェーンの混乱や断絶に直面している。中でも半導体不足の影響は大きい。家電やハイテク分野での半導体需要の急激な高まりに加え、2020年後半からは自動車市場の回復も顕著になり、状況は深刻化し、生産に遅延が生じている。これは特定のサプライヤーにサプライチェーンが依存している“ダイヤモンド型”になっているためだ。

 サプライチェーンのリスクを軽減し、危機に対して回復力のある部品供給網を実現するには、企業間の信頼関係と連携性を高め、透明性の高いネットワークを構築し、サプライチェーンを可視化するしかない。こうした新しい供給網を構築するには、どのような点に留意すれば良いだろうか。

 本資料では、不確定要素の多い時代にも安定した部品供給を可能にするサプライチェーンモデルと、それを活用した回復力の高い供給網の構築手法を紹介する。鍵を握るのがデジタル活用だが、折しも世界中の企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている。Deloitte Consultingとの共作である本資料では、主に自動車関連メーカーがDXを進めるうえで検討すべき内容を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。