資料の紹介

 「先方がなかなか会ってくれない」と嘆いている営業担当者はいないだろうか。アポが取りづらいのはコロナ禍の影響もあるだろうが、対面や電話のアプローチを避けるビジネスパーソンは確実に増えている。

 デジタルツールでの対話を好む新規顧客は多い。ドライな感覚を持ち、会食や接待は決して望まない。だからといって、こうした顧客にメールを送っても、なんだか堅苦しいやり取りが続くばかり。「対面や電話なら伝わった“空気感”が伝わらず、商談の流れが読みにくい」と感じている人も多いだろう。メールは迅速対応にも限界がある。スピード感や効率を大切にする顧客は、対応に満足できなければすぐ離れてしまう。このような課題には、チャットツールの活用が効果的だ。

 本資料は、スムーズかつ安全に社内外のチームコミュニケーションを実現するビジネス・コラボレーション・ツールの使い方と、その効果を解説する。安全に情報を共有し、メールよりも素早く反応できる。顧客からの質問に技術者が回答するなど、必要に応じて対応するメンバーを変えるのも簡単だ。時代に合った対応を重ねていけば、新たな顧客とも強固な信頼関係を築くことができるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。