資料の紹介

 産業機械の開発にも、デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が押し寄せている。工場がインテリジェント化されると、そこで稼働する産業機械のインテリジェント化も進む。構成を容易に変更できる柔軟性や、自動化への対応が求められる。

 産業機械メーカーはこうした機械の複雑化に対応し、市場の要求に応えるために、新しい設計手法を身につける必要がある。産業機械の開発をデジタル化することで、イノベーションを効果的に生み出し、競争力の高い機械を提供できるようになる。

 本動画では、DXに対応する産業機械開発の具体的なソリューションについて解説する。例えば設計をデジタル化する上で重要なキーワードの一つがデジタルツインだ。バーチャルなデジタル世界の中に、現実と全く同じ物理的特性を持った仮想の機械を構築し、動作や性能をシミュレーションする。設計、解析、評価を行うすべての技術者がモデルを共有するため、設計とシミュレーションを同期することができる。各チームが効率よく評価できるようになり、最適な設計に早くたどり着くことができるようになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。