資料の紹介

 デジタル変革を目指す企業の間では、大量のデータを分析してビジネス戦略に生かせる洞察を導き出す「データサイエンティスト」へのニーズが高まっている。しかし、データサイエンティストには、コンピューター科学、統計、モデリング、数学、ビジネス感覚などを合わせた複合的なスキルが求められるため、人材不足が顕著になっている。

 しかも近年では、人工知能(AI)と機械学習(ML)をビジネスプロセスに取り入れる企業が増えている。こうした中、データ分析で企業の競争力向上に貢献するためには、最新のベストプラクティスやトレンドを常に把握しておくと共に、人手では到底追いつかない大量データを要領よく扱う手立ても必要だ。

 本資料では、データサイエンティストが、AIを使いこなして能力を発揮し続けるための5つのヒントを示す。機械学習を自動化し、データ管理手法を見直すことにより、データサイエンティストは膨大な作業から解放され、より価値の高いタスクに注力できるようになる、としている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。