資料の紹介

 航空宇宙・防衛分野の製品やシステムは複雑なうえに、長い耐用年数や過酷な使用環境への対応が求められる。厳しい規制もある。また、小さな故障が致命的な結果につながることも少なくない。従って開発サイクルは長くなる傾向にあるが、その間もテクノロジーは進化し続ける。可能な限り最新技術を導入したい。そこで、より効率的で迅速な製品開発サイクルが求められるようになってきた。

 顧客ニーズの変化に効率よく対応し、サプライチェーンのパートナーと協調しながら開発・製品化を進めるため、企業には柔軟な姿勢が求められる。製品開発を加速し、費用対効果の高い開発を行う方法として、ソフトウエア業界で採用が広がっているアジャイル開発の手法が注目されている。

 本資料は、航空宇宙・防衛業界におけるアジャイル開発のニーズの高まりについて論じたものである。従来の逐次的な開発手法とアジャイル開発手法との間で、どのような違いが生まれるのか。従来手法の課題や、アジャイル開発がもたらすメリット、ビジネス価値などについてまとめている。例えばアジャイル開発を採用した米Boeingは、ソフトウエア開発期間を50%短縮できたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。