資料の紹介

 顧客からも政府からも、「よりクリーンで環境に優しい自動車」「よりスマートでコネクティビティを駆使した自動車」を強く求められている自動車業界。運転支援、自律走行、製造、デリバリー、サポートなど様々な分野で“変曲点”を迎えており、当たり前とみなされてきた自動車開発の知識や手法を見直す必要に迫られている。

 機械的な制御を代替する車載電子機器やソフトウエアは年々増加し、複雑さの増大に拍車をかけている。さらに、新たな「つながる交通システム」への対応など、個別製品の改良だけでは対応できない課題もある。これらの解決策として期待されているのが、システム上に作ったモデルに基づいて開発を進める「モデルベース・システムズエンジニアリング(MBSE)」だ。

 本資料ではまず、ソフトウエアが自動車の“最重要部品”になったことにより、自動車業界が直面する諸課題と、最新のシステムエンジニアリング手法の必要性について解説。さらに、高度に統合されたMBSE(モデルベース・システムズエンジニアリング)手法が、自動車開発をどのように変えていくかを示す。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。