資料の紹介

 企業がマーケティング戦略を立てるにあたっては、架空の顧客像である「ペルソナ」を設定することが効果的だ。ターゲットとするペルソナを想定して担当者間で共有し、商品やサービスを企画・開発したり、広告掲載メディアを選んだりすることで、商品やサービスの完成度を高め、効果的な販促活動ができるようになる。

 ペルソナを作成する際には、年齢や年収といった定量的なデータだけでなく、ライフスタイルや価値観といった定性的なデータ、さらには、イメージに近い人物の写真も組み合わせることが多い。マーケティング担当者がペルソナに感情移入して商品を評価するのが容易になるからだ。ただし、作成するペルソナの設定を誤ると、むしろ逆効果となる。

 本資料では、具体的なメディア別に、その特徴やリーチしやすいペルソナ、相性のよい商材などを挙げ、さらに、詳細な情報を記した37のペルソナを紹介する。マーケティング担当者が、単純な属性情報ではなく、ターゲットとなる人物の性格や行動パターンによるメディアプランニングを立案する際の参考になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。