資料の紹介

 コロナ禍により教育の現場は大きな変革を余儀なくされた。対面授業だけでなく、遠隔からの授業を併用する必要に迫られたのである。こうした中、リアルタイムWeb授業やオンデマンド配信、対面授業とリアルタイムWeb授業を組み合わせた「ハイブリッド授業」など、多彩な授業形態を2020年秋学期から実現したのが立命館大学である。

 しかし、その実現には多くの課題があった。最も基本的な課題は「見え方」と「聞こえ方」。板書が読みにくい、先生の声が聞き取りづらい、空調など不快な環境音が聞こえてしまうといった問題だ。また、高度なITスキルを持たない教員でも使いこなせる操作性や、少人数の職員で全授業をサポートできる管理性も重要だった。

 本資料は、短期間で質の高いハイブリッド授業環境を構築した立命館大学の映像・音響設備の導入事例である。プロジェクトを指揮した同大学の情報システム部の担当者が、自らその経緯を記したものだ。具体的にどんな機材を使い、どのようにして臨場感のある高品質な遠隔授業を実現したのかが詳しく述べられている。大学だけでなく、各種教育機関でオンライン授業の品質の低さに悩んでいる関係者には、かなり参考になるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。