資料の紹介

 コロナ禍によってビジネスの不確実性はかつてないほど高まった。製造業も例外ではない。顧客の需要が大きく変化し、サプライチェーンの脆弱性も顕在化した。その中で、顧客や社会の確かなニーズを把握し、新しいビジネスモデルにも柔軟に対応できる、競争優位性の高い体制づくりが急務となっている。

 そこで、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた生産現場のインフラ構築に注目が集まっている。新しく工場インフラを整備する際には、現在見えている課題だけではなく、将来起こり得る様々な問題にも柔軟に対応できる環境を構築することが望ましい。増加する一方のサイバー攻撃にも十分対応できるようにする必要がある。

 本資料では、DXに向けた生産現場のインフラ構築について解説する。安全かつ効率的なデータ収集と活用を可能にする方法を提案している。超高速、低遅延、大容量接続に対応しながら高い安全性を確保できるローカル5Gの活用だけでなく、Wi-Fiを活用した省線化、OTセキュリティを統合的に検討することで、将来を見越したインフラ構築が可能だという。