資料の紹介

 コロナ禍によって常態化したリモートワーク。多くの従業員が自宅などからパソコンやスマートデバイスを使ってクラウドサービスを使ったり、VPN経由で業務システムを利用したりすることが当たり前になった。そこで大転換を迫られているのがセキュリティ対策である。ユーザーやデバイスが社外に出たことで、社内外のネットワーク境界にファイアウオールなどを設置する「境界型セキュリティ」は限界を迎えたのだ。

 境界型セキュリティの代わりに登場したのが「ゼロトラストモデル」である。そのコンセプトは「Always Verify, Never Trust(信頼せず、常に検証する)」。過去行われた認証を信頼せず、クラウドサービスやデータへアクセスする際、そのつどユーザーやデバイスの正当性を検証する考え方である。ただし、ゼロトラストというワードは知っていても、どこから着手すべきかはよく分からないというユーザーは少なくない。

 本資料では、ゼロトラストモデルの第一歩として「ID管理の統合」を提案する。そして、その理由と具体的なアプローチまで踏み込んで解説する。ゼロトラストの具体的なセキュリティ対策方法について知りたいという企業には、きっと役立つだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。