資料の紹介

 新型コロナウイルスによるパンデミックは、「持続可能性」や「ワークライフバランス」重視へのシフトを加速しただけでなく、「ソーシャルディスタンス」を大前提とした分散・多極化という新たな潮流をも生み出した。ワークスタイルは半ば強制的に、かつてないスピードで変貌した。

 パンデミックが収束しても、オフィス勤務とテレワークを併用するハイブリッド型の働き方は多くの企業で続くだろう。このような環境でも、働き手が生産性を高め、創造性を十分発揮するためには、すべてのユーザーと端末が、どこからでも安全・簡単に接続できるネットワークが必須になる。

 本資料では、コロナ禍によって急激に「働く環境」が分散化した現状で、従業員の生産性や創造性を高めるために欠かせないネットワークの要件について解説。それらを実現する手段として、NaaS(Network as a Service)の活用を提案する。「ゼロトラストセキュリティの実現」「テレワーク環境のセキュリティ強化」「セキュリティインシデントの早期検知」をいかにして具体化するかがカギになるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。