資料の紹介

 デジタルビジネスの急拡大とともに、「常時使用可能」(Always On)なサービスへの要請はますます強まっている。その実現手段として注目されているのが、99.999%の可用性を実現する高可用性(HA)データベースである。

 しかし、実際にHAデータベースを導入しようとすると、ライセンス費用が高額だったり、高額なハードウエアが必要だったりと、導入のハードルが高いために、二の足を踏んでしまう企業が少なくない。必要性が高まっているにもかかわらず、「Always On」の実現はまだ難しい状況だ。

 本資料では、調査データや事例情報などを交えながら、デジタルビジネスにおける「Always On」の必要性と、実現にあたって直面する「障壁」について解説。さらに、従来のHAデータベースに代わる選択肢として、オープンソースベースのHAデータベースを提案する。導入メリットのほか、従来型ソリューションやクラウドネイティブなデータベースとの違いについても説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。