資料の紹介

 デジタル変革の推進には、クラウドへのシフトやテレワークの推進が欠かせないが、セキュリティの確保が大前提となる。これまでは、サイバー攻撃から社内資産を守るために、内部と外部の境界にセキュリティ機器を配置してきたが、「いつでもどこでもデータを活用したい」というニーズに応えるには、セキュリティへの考え方を見直す必要がある。

 「通信相手を信頼せず、攻撃されることを前提とする」というゼロトラストの考え方は、従来型セキュリティの課題を解決するとともに、デジタル変革の時代を支えるセキュリティモデルとして、ますます重視されるようになってきた。しかし、実際問題としてどう取り組むべきか迷っている企業も多いのではないだろうか。

 本資料では、ゼロトラストを実現するうえで重要な検討ポイントについて説明。あわせて、ゼロトラストの実現に必要なセキュリティ対策機能を包括的に提供する次世代セキュリティプラットフォームを紹介する。機械学習や相関分析による脅威検出と防御自動化の機能を備え、関連性の高いアラート群をまとめて通知することで運用負荷も軽減できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。