資料の紹介

 基幹系アプリケーション開発やシステムインテグレーションなどを請け負うIT企業の間で、顧客企業に提供するシステムやサービスのインフラとして、IaaSやPaaS、DaaSなどのクラウドを採用する例が増えている。開発コストや工数、運用負荷を軽減できるうえ、導入後の拡張性も確保できるからだ。

 人事給与や会計システムで知られるクレオは、東京慈恵会医科大学の人事給与システムを、オンプレミス環境からMicrosoft Azure上に完全移行。Access周りの処理には手間がかかったものの、オンプレミスの操作性を最大限維持した移行を実現した。ヒューマン インタラクティブ テクノロジーは、新興製薬会社のシステムインフラにAzureを採用し、開発コストをオンプレの4分の1に削減した。

 本資料では、さまざまなIT企業が手掛けたMicrosoft Azure導入プロジェクトについて、IT企業とユーザーの双方にインタビューした事例リポート10本を収録。開発コスト削減や仮想デスクトップ構築、「コミケ」のWebサイト運用まで、バリエーション豊かな課題について、各社がどのように対処したかを確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。