資料の紹介

 サイバー攻撃は、年々、高度化・巧妙化している。その具体的な変化を表すキーワードが「ステルス」だ。これは「隠密」「こっそり行う」という意味で、ステルスマーケティング(ステマ)といった用語にも使われている。サイバー攻撃においては、気付かれることなく攻撃を仕掛けることを意味し、年々、サイバー攻撃のステルス性が高まっているのだ。

 例えば「ファイルレス攻撃」もその1つ。これはコンピュータ内のディスクに痕跡を残さず、メモリーだけに常駐して攻撃する手法だ。ファイルが存在しないため怪しいファイルをスキャンする対策では検知できない。また、リモートワークにおいて避けきれないBYOD(個人端末の業務利用)もステルス攻撃を助長する。様々な機種・OSを含む環境は、潜在的な脆弱性や抜け穴が多くなることを意味するからだ。

 本資料では、ステルス攻撃の最新情報とその検知方法・対策を解説する。さらにセキュリティ人材の不足、サイバー攻撃に強いというmacOSの神話、APT攻撃(持続的標的型攻撃)のシステム内で水平方向に拡大する動きといったトピックにも触れ、ますますステルス化するサイバー攻撃の現状と企業が採るべき対策を整理する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。