資料の紹介

 激化する競争に企業が勝ち抜くには、従業員同士の連携やコラボレーションを加速させたり、多彩な働き方を実現したりするための仕組み作りが不可欠だ。そこで注目されているのが、コミュニケーションの接点を素早く構築し、一元的に管理するためのデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)である。

 DXPは、リンク集に近い従来のポータルとは異なる。利用者のエンゲージメント(熱意、意欲)を高めて業務を円滑に進めるために、ユーザーの属性やニーズに合わせてカスタマイズした情報をデバイスや利用シーンに合ったデザインで提供する。

 本資料では、利用者のエンゲージメントを強化できるデジタル時代のポータル「DXP」について解説し、具体的な3つの活用事例を紹介する。例えば、大勢の従業員やアルバイトを抱えていて、現場スタッフと本社の間で直接のコミュニケーションが取りづらいフランチャイズチェーン(FC)店では、情報共有ポータルが高い効果を発揮するという。併せて、オープンソースならではの柔軟性と高い連携性を備え、コスト削減と運用負荷軽減も図れるDXPソリューションや、同ソリューションのワンストップサービスについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。