資料の紹介

 「デスクトップ仮想化」や「アプリケーション仮想化」は、組織のIT戦略における重要な選択肢の一つだ。一元化によって運用にかかる負荷やコストを低減できることに加え、情報漏洩のリスクも減らせる。さらには、ユーザーがどの端末からでも同じ環境を利用でき、利便性も高まる。

 その一方で、インフラの拡張が容易で、ビジネスの変化にも機動的に対応でき、初期コストも抑えられるクラウドも、ますます普及が進んでいる。パブリッククラウドでは様々なSaaS(Software as a Service)が提供されており、ITサービスを短期間で提供したい企業の役に立っている。

 本資料では、デスクトップ/アプリケーション仮想化とクラウドの「いいとこ取り」を実現する方法として、ハイブリッドクラウドを活用したデスクトップ/アプリケーション仮想化のユースケースを紹介する。SaaSで提供される監視/管理サービスにより、仮想デスクトップと仮想アプリケーションを効率よく提供でき、場所やデバイスを気にせず社内のリソースを使える環境が実現するという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。