資料の紹介

 企業システムにクラウドを活用することは、もはや当たり前になった。ただし、先行している企業からは、既存の情報管理ルールやシステム改修の必要性から、クラウド化を一気に進める難しさを指摘する声も挙がる。その結果、1つのシステムの中でも、オンプレミスとクラウドを使い分けるハイブリッドなインフラ運用が増えている。

 こうした状況で新たに登場してきたのが、オンプレミスのハードウエア機器をクラウドのように使いたいというニーズだ。オンプレミスにおいても、初期費用を抑え、使用量に応じた課金が可能で、機器を柔軟に増減できる新たなサブスクリプション型モデルを求める声が増えてきたのである。

 本資料では、クラウド移行をなかなか進められない状況でも、クラウドライクな利用ができるオンプレミスのサブスクリプション型サービスを紹介する。同サービスを使えば、オンプレミスでありながらサーバーやストレージに加えてOSなどの基本ソフトウエアを含めたインフラを月額料金で利用できるようになる。オンプレ+サブスクの新しい仕組みが実現する新しい価値を、ぜひ確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。