資料の紹介

 環境問題やSDGsへの取り組みが注目される中で、食品ロス削減への関心が高まっている。そこで食品製造業界には、過剰生産を防ぐ「需要予測」や売れ残り防止のための「適正価格予測」に加えて、原材料の余剰回避のための「組み合わせ最適化」や、生産工程のロスを防ぐ生産ラインの「異常検知」など、様々な角度からのアプローチが求められるようになってきた。

 これらの課題に対応するためには、需要予測や来客数予測などを的確に行い、それに基づく臨機応変な対応が可能な環境を早急に構築する必要がある。そして、より精度の高い予測を行うためには、人工知能(AI)を活用したデータ解析が有効となる。

 本資料では、食品業界の様々な課題に対して、AIによる予測モデルを使って解決する方法について紹介する。どのような課題をどこまで解決するのか具体的な目標を定め、さらにデータ収集、モデル作成といった環境構築手順や現場での活用方法について、順を追って説明する。AI導入活用を支援するプラットフォームも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。