資料の紹介

 すっかり定着したウェビナー開催。リアル開催の展示会やイベントに比べて、参加者は時間や費用の負担が少ないため、気軽に申し込める。一方、主催者にとっては、参加者が最後まで視聴しているのかどうかがわかりにくく、成果が見えづらい面もある。不特定多数を対象に開催したウェビナーの場合、誰が参加したのかもわからないことがある。

 効果的なウェビナーを開催するには、適したツールを選択するのが重要だ。例えば、視聴ログを分析できれば、視聴時間から興味関心の度合いを把握することができる。途中で離脱した参加者には、録画したウェビナーの視聴サイトを案内すれば次につながるかもしれない。また、配信中に参加者とチャットでやりとりができれば、双方にとってより価値のあるウェビナーになるだろう。

 本資料では、顧客エンゲージメントを高められるウェビナーサービスについて、アドビやランサーズらの事例も交えて紹介する。ウェビナーの効果に満足できない企業や、これから効果的なウェビナーの開催を検討している企業の担当者にとって、ポイントを押さえたわかりやすい資料になっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。