資料の紹介

 情報セキュリティ専門家には幅広い知識とスキルが必要とされるだけではなく、それらを体系的に理解し、あらゆる場面で生かせる実践力が求められる。しかし、そうしたことは、日ごろの業務を通じて習得するだけでは不十分であり、並行して何らかの方法で網羅的かつ計画的に学ぶのが効率的だ。

 非営利団体(ISC)2がベンダー中立のセキュリティ専門家資格としてグローバルに展開する「CISSP」は、セキュリティ関連の知識体系として知られる「CISSP CBK(Common Body of Knowledge)」を理解していることを証明する資格である。難関だが、取得に向けて学ぶことで、社内外の関係部門や関係者と連携しながら、セキュリティ対策を実施していくためのスキルが身につく。

 本資料は、CISSPの概観と内容、および同資格の取得に向けてどのような学習をすればよいのかを説明するガイドブックである。世界中のパートナーから提供されているCISSPのオフィシャルセミナーで学べる内容についても紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。