資料の紹介

 データ分析は、いまやビジネスに欠かせない重要な業務だ。様々な業界・業種において、さらにマーケティング、営業、財務、人事、カスタマーサービスなど様々な職種において、日々、多様で膨大なデータが分析され、そこで得られたインサイト(洞察)が、毎日の業務から経営の意思決定にまで活用されている。

 ただし、データ分析の考え方や手法は人によって異なる。データ分析の経験も異なれば、分析するデータの種類や量、目的も人によって異なるからだ。とはいえ、多くのデータ分析経験者の声を集めると、業種・業界・職種に依存しないデータ分析の共通原則のようなものも浮かび上がってくる。

 本資料では、データ分析に共通する原則を10個紹介する。これらは、仕事でデータを分析する数千人が参加するコミュニティのリーダーたちから得られたものだ。例えば、「ビジネスニーズを最優先する」「信頼できる単一の情報源を作成する」などがある。その意味するところ、そして残りの8つの原則は、ぜひ本資料に目を通して確認してもらいたい。日々のデータ分析業務において必ず役に立つはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。