資料の紹介

 テレワークが急速に普及するとともに、ノートPCを活用したオフィスと在宅のハイブリッド勤務もまた多くの企業などに定着しつつある。だが、2021年2月実施のある調査によれば、「画面が小さくて投影資料が見にくい」「音声がハウリングする」「周囲の音が入ってしまう」など、画像や音声に関する不満が多く寄せられたという。

 この問題を根本解決するにはやはり、画面サイズが大きく、カメラやマイクなどの機能が充実したノートPCを導入するにこしたことはない。だが、周辺機器を導入する手もある。例えばケーブル1本でPCとつなげる大型モニターや、ハブの機能を備えたスピーカーフォンなどを上手に組み合わせれば、テレワークの生産性を向上できる。

 本資料では、テレワーク環境での会議や商談を想定して設計されたノートPC、大型モニター、スピーカーフォンを取り上げ、仕様や特徴、使い方、保守サービスなどについて分かりやすくまとめている。テレワークに向けてPCメーカーが打ち出した最新の機能や工夫を確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。