資料の紹介

 サイバー攻撃は年々巧妙化し、増え続けている。侵入防止を対策の柱とする従来のウイルス対策ソフトでは、攻撃を完全に防ぐことができなくなっているばかりか、ウイルス侵入に気付けない可能性がある。今日の企業は、ウイルスの侵入を素早く検知し、被害拡大を防止するなど、攻撃後のことまで考えて対策を打つ必要がある。

 そうした中、エンドポイントの脅威を検出し、ウイルス感染時の迅速な事後対応や被害の拡大防止を実現する手段として注目されているのが、「EDR(エンドポイント検知・対応)ツール」だ。だが、せっかくEDRを導入しても、担当者がアラートを分析し、トリアージ(重要度や優先度の判定)をするための時間やノウハウがないと宝の持ち腐れになる。

 本資料は、時間やノウハウはないが万全に備えたい、という企業向けに、EDRツールと導入・運用代行サービスをセットにしたソリューションを紹介するパンフレットである。利用するツール、代行するサービスの内容、ウイルス感染時の対応や、料金体系などをコンパクトにまとめている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。