資料の紹介

 Webアプリケーションを取り巻く脅威は質の面でも量の面でも増大する一方だ。米セキュリティ調査企業によると、ソフトウエア製品の脆弱性の22%については、それらを悪用した攻撃を実行するエクスプロイトコードが公開されている。しかも、その約半数は、脆弱性の公表から2週間以内に公開されたという。

 ボットによるアクセス攻撃の自動化も進んでいる。その一方で、DDoS攻撃は攻撃経路やパターンが複雑化すると同時に、より巧妙化している。こうした危機的状況に対応するため、企業にはより堅牢なセキュリティ戦略が求められているが、アプリケーションセキュリティのスキルを持つ人材がいないことが問題となっている企業は多い。

 本資料では、Webアプリケーションを取り巻く脅威の現状を説明し、これらから企業を保護するためのソリューションを紹介する。24時間365日体制でネットワークやデバイスを監視するSOC(セキュリティオペレーションセンター)サービス付きなので、セキュリティ人材がいない企業でもセキュリティを強化できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。