資料の紹介

 組織や企業の中では、人は個人ではなく、チームの中の一員として行動することが求められる。コミュニケーションをうまく取り、情報のフィードバックを行うことで、チームとしての生産性が高まる。ところが、コロナ禍によりテレワークが拡大することで、チーム内のコミュニケーションが取りづらくなってきた。

 メールやビデオ会議で必要最低限の情報共有は行えるが、雑談などの「業務以外の話」をしようとすると、すぐに話が途絶えてしまいがちだ。コミュニケーションがなくなると、メンバー内の良好な関係が築けなくなり、ストレスの多い環境が生まれる。ギリギスした環境では、特定のメンバーに仕事が集中しすぎた場合のサポートもうまくいかない。

 本資料は、チーム内のコミュニケーションを活発化する方法について解説するものである。人と人との対面の時間が少なくなる時代には、それに応じた手軽なコミュニケーションツールが必要になる。その有力な候補として、高度な情報共有からたわいのない雑談まで行えるビジネスチャットツールに注目が集まっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。