資料の紹介

 現在の企業システムでは仮想化技術が欠かせない。特にVMwareの仮想化システムは、多くの企業で導入されて広く活用されている。ただし、仮想マシンのハードディスクの内容を格納するVMデータ(VMDKファイル)は、そのサイズが巨大になるため、ストレージを圧迫する原因にもなっている。

 そこで本資料では、価格帯の異なる同一メーカーのストレージ3製品を対象に、重複排除・圧縮機能によってVMDKファイルをどれくらいデータ削減できるかを検証した。具体的には、777GBのVMDKファイルを同一条件で4製品に保存し、そのデータ削減率を確認した。

 本資料のデータ削減率の検証結果を見ると、ある製品については777GBのVMDKファイルが30.3GBにまで削減されたことが分かる。データ削減率は96%。価格帯が大きく異なる製品で比較・検証したため、データ削減率だけでストレージ製品の優劣を決めることはできない。しかし、本資料で示された数値は製品選択の1つの目安になるだろう。特に巨大なVMDKファイルを管理している企業にとっては、非常に貴重なデータとなっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。