資料の紹介

 すでにAI(人工知能)は、様々な分野で導入・活用が進んでいる。特に顕著なのが金融分野だ。例えば、不正取引の検知や与信審査、アンチマネー・ロンダリング、店舗内監視や入退室管理、さらには各種サービスを支えるITインフラのセキュリティ対策などの領域でAIが適用可能であり、その開発・実装も進んでいる。

 ただし、AI予測モデルの構築は簡単ではない。大量の数値/文字データを使って効果的にAIに学習させ、優れた予測モデルを作り上げるためには、経験豊富なデータサイエンティストのノウハウが不可欠だからだ。このため、予測モデルの構築には時間・手間がかかるのが一般的だ。

 本資料では、AI予測モデルの構築そのものにAIを活用し、データサイエンティストの作業負荷を大幅に低減する方法を解説する。これにより、高精度の予測モデルを短期間に作成できるという。さらに、この仕組みで金融サービスを変革した事例として、高精度の不正検知を実現したPayPal、不正取引予測やKYC(顧客確認)で活用しているCapital One銀行なども紹介する。金融分野におけるAI開発・活用の最新情報を、ぜひチェックしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。