資料の紹介

 センシングやデータ活用のニーズは、工場や病院で使われる、信頼性や正確な動作が求められる設備にも広がっている。例えば工場では、これまで人が目視で行ってきた不良品検査などの自動化を可能にするマシンビジョン・システムが導入されるようになった。病院でも、例えば内視鏡手術が一般的になっている。

 マシンビジョンも内視鏡も、より高い忠実度や、より多くのデータ収集機能が求められている。その実現には、高速、低遅延で信頼性の高い通信への対応が不可欠となる。さらに、周囲に影響を及ぼすレベルの電磁ノイズを発生させたり、周囲からの電磁ノイズによる過度な影響を受けたりしないよう、電磁両立性(EMC:Electromagnetic Compatibility)についても十分に配慮しなければならない。

 本資料では、工場や病院の手術室でも使える堅牢(けんろう)で高い安全性を備えた通信システムと、それを支える電子部品類について解説する。過酷な産業環境下でも重要なデータを確実に伝送するためのアイソレーターや組み込みスイッチ、産業用Ethernetに対応する物理層トランシーバーを中心に紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。