資料の紹介

 Excelは業務で幅広く活用されている。しかし、Excelだけで業務を完結しようとすると無理が出てくることも確かだ。例えば、最もよく利用される集計業務も、規模が大きくなってくるにつれて運用が難しくなる。様々な部署から多様なフォーマットで集計が上がってくると、数字の半角/全角や単位をそろえるデータクレンジング、また支社ごとに管理番号を付与する前処理などに手間と時間がかかるためだ。

 VBA(Visual Basic for Applications)でマクロを組むのも解決の一手段だが、今度は属人化の問題が出てくる。業務改善に伴いマクロを手直しする必要が出てくるが、最初にマクロを作った担当者がいなくなってしまうとそれが困難になる。マクロを解読したり手直ししたりするには、高いスキルが必要だからだ。

 本資料は、業務利用されているExcelの諸問題を解決するためのデータ連携システムを解説したものである。入力と出力に使い慣れたExcelを使いながら、煩雑になりがちな部分をシステム化する。ノーコードによるデータ連携で属人化を防ぎつつ、Excelが苦手とする大量のデータ処理を効率的に行うことで、業務の効率化を促進する方法を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。