資料の紹介

 コロナ禍によって、在宅勤務への移行が多くの企業で一気に加速した。職場のリモート化では、VPN(仮想プライベートネットワーク)やVDI(仮想デスクトップ基盤)、DaaS(Desktop as a Service:クラウドサービスとして提供されるVDI)といった技術が活用されている。

 しかし、こうした技術を使ってもリモートワークが難しい職場もある。高いセキュリティが求められる組織や、認証装置などのUSB周辺機器を利用する業種、多数のPCやワークステーション、サーバーを駆使する監視・運用系業務などでは、VPNやVDIによる安全確保では十分とはいえず実用に耐えないとして、リモートワークを断念したケースも少なくないだろう。

 本資料では、VPNやVDIによる安全対策では不十分で、リモートワークが難しい環境に向けた「IP-KVM」技術について解説する。IP-KVMは、入出力機能のみを遠隔地からアクセスできるようにする仕組みである。既存技術であるフルクラウド化、VPN、VDI/DaaSと比較して、IP-KVMにはどのような特徴があるかを知ることができる。また、IP-KVM導入のためのネットワーク製品やシステム構成例も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。