資料の紹介

 クラウドの導入やリモートワークの普及に伴い、データセンターを中心とする従来のWANアーキテクチャーは限界を迎えつつある。非効率なネットワーク技術は無駄な管理コストの上昇やリモートで働く従業員の生産性低下を招く。さらに懸念すべきは、従来の境界型セキュリティモデルが新たな脅威に対応できない点だ。

 そこで、クラウド時代に即したSASE(サシー、Secure Access Service Edge)とZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス、Zero Trust Network Access)が注目を浴びる。どちらもデバイスや場所に縛られず、利用者がセキュアな環境で働くことができる概念である。SASEは2019年に提唱された比較的新しいものだが、今後のネットワークセキュリティの中心になると見られている。

 本資料は、米国の人気入門書「For Dummies」シリーズの特別版「SASE & ZTNA For Dummies」を日本語に翻訳したものだ。これからの時代になぜSASEとZTNAが必要とされるのかを、過去のWANアーキテクチャーと比較しながら詳細に解説している。SASEとZTNAへの理解を深める入門資料として、一読をお薦めしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。