資料の紹介

 デジタル変革(DX)の一環として、複雑なシステム運用技術システムやグローバル化したサプライチェーンが発展し、企業間の結びつきが深まっている。それに伴い、製造業のそうしたシステム対するサイバー攻撃が増えてきた。日本の製造業も標的となっており、2021年4月には国内200社の企業へのサイバー攻撃が報告されている。

 こうした被害の背後には、DXの名の下にコストやパフォーマンスが注目されている一方で、セキュリティにはあまり目が向けられていないことが挙げられる。実際、セキュリティ管理には高いスキルを持つ人材が求められ、育成や雇用のハードルが高くなるため、質の高い情報セキュリティへの取り組みは後回しにされがちだ。

 本資料では、製造業における情報セキュリティの重要性について説明し、各担当者のセキュリティ上の課題を解決するソリューションを紹介する。リスクのアウトソースも含め、セキュリティ管理のアウトソーシングや、自社での管理をサポートしてくれるベンダーを利用することで、効率的で安全なセキュリティ管理を実現できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。