資料の紹介

 2027年までにSAPは、SAPアプリケーションで長年使われてきたDB2、SQL Server、Oracleといったデータベースに対するサポートを終了する。ユーザーはLinuxで稼働するインメモリーデータベース、SAP HANAへの移行を余儀なくされる。

 だが、ここで、「Linuxはコモディティだからどれを選んでも同じ」と考えていると、思わぬ落とし穴に陥る可能性があるという。検討すべき対象は、OSそのものについてだけではなく、OSを取り巻くエコシステム全般におよぶ。

 本資料では、SAPユーザーのSAP HANA移行に関わる状況を整理した後、最適な移行方法を選択するために検討すべき事項について解説する。サイロ化された古いハードウエアで、大規模かつ複雑にカスタマイズされたSAP ERPが稼働している場合、移行にも余分な時間やコスト、手間がかかる。早めの検討開始が得策と言えるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。