資料の紹介

 デジタル変革(DX)をいかにして推進するかは、製造業の大きな課題となっている。個人の技術や経験に頼って属人化が進んだ現場が多く、新技術による革新などの変化を嫌う傾向にあるからだ。システムを導入しても形骸化してしまって活用されず、紙による工程管理などから脱却できない現場も少なくない。

 このような状況でデジタル変革を推進するには、「現場の運用や管理方法をできるだけ変えない」ことが重要になる。そのためには、ITシステムに苦手意識を持つ従業員でも、運用の変化を意識せずに直感的な操作で使え、取得したデータを活用できる仕組みが必要だ。

 本資料では、製造業におけるデジタル変革やスマートファクトリー化を進めるためのソリューションを紹介する。紙の帳票をそのまま電子化して、紙に書くように情報を入力できる電子帳票システムを組み込むことで、現場の運用を大きく変えずに、データ収集やデータの見える化が実現可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。