資料の紹介

 業務効率化を狙ってRPA(ロボティック・プロセスオートメーション)を導入する企業は多い。だが、RPAは魔法のつえではない。トップダウンで導入したものの使われなかったり、余計な手間がかかり、かえって業務効率が落ちてしまったりすることもある。RPA導入を成功させるためには、いくつかポイントがある。

 中でも重要なのが、「業務を理解した」RPA人材を育成することだ。実は、最初の体制構築や定着化のフェーズでつまずいてしまい、目指すゴールにたどり着けない企業は少なくない。いかにしてRPA人材を育成し、現場での定着を促すかが、RPA導入の成否を分けることになる。

 本資料では、RPA導入の各段階および、RPA人材育成を始め、成果を出すための3つの重要ポイントについて解説する。さらに、RPA人材育成サービスの活用事例として、大手コンタクトセンターと大手金融企業の取り組みを紹介する。RPA推進の実行を担う現場の社員に、「伴走型」のトレーニングを実施するのが効果的だという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。