資料の紹介

 現在、多くの企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる。専門組織としてDX推進部門を設置する企業も少なくない。DX推進部門の大切な役割が、全社的なデータ活用の促進だ。これまで事業部門単位で行われてきたデータ活用を統合し、最新技術を用いて会社横断のデータ活用へと昇華することが求められる。

 そこで重要になるのが、過去のデータからモデルを作成して将来を予測する「機械学習」である。顧客の需要や発注量を予測して生産管理や在庫管理を改善したり、顧客の嗜好やニーズに合った商品を予測してお勧めするサービスを提供したりするなど、企業にとって多大なメリットをもたらす。ただし、機械学習を有効活用するには、自社に合った機械学習プラットフォームが不可欠となる。

 本資料では、企業のDX推進部門の役割を整理したうえで、機械学習の重要性や機械学習プラットフォームの選び方を解説する。将来的な規模拡大に対応できること、モデル作成の道筋がブラックボックス化していないことなど、チェックすべきポイントは多い。DXを推進する企業において、機械学習の活用が様々なビジネスモデルの改善に有効だということを再確認できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。