資料の紹介

 PCを購入する場合、その選択には多くの要素が影響するが、一番に考慮されるのは性能ではないだろうか。頻繁に使用する業務用アプリが素早く起動するか、作業を迅速に完了できるか。さらに外出先でも使用するノートPCの場合は、バッテリー寿命も気になるところだ。小型で省電力ながら高性能の製品を見極める必要がある。

 ところで、PCの性能は、どのように評価すべきだろうか。従来は、プロセッサーの動作周波数やキャッシュサイズなどの物理仕様がその指標として使われてきた。しかし、今もそれが本当に、PCの性能の見極めとして十分なのだろうか。

 本資料では、PCの性能を評価するための様々な手法について解説する。それぞれの評価手法の長所と短所を説明するとともに、実在の最新プロセッサー2種の比較データについても紹介する。解説で使用されたプロセッサーを搭載するビジネス向けのノートPCとデスクトップPCの情報も提供している。用途に応じた高性能なPCを選定する際の一助となるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。