資料の紹介

 新型コロナウイルスの大流行によるワークスタイルの変化が、サイバー攻撃急増の要因となっている。さらに、GDPR(EU一般データ保護規則)や、2022年4月1日施行の改正個人情報保護法など、データ保護やプライバシー要件などに対する当局の規制は強まる一方だ。

 企業はサイバー脅威に対抗し、データガバナンスを確立するための取り組みを急ぐ必要がある。しかし現実には多くの企業に、レガシーシステムの複雑なデータ管理や、サイロ化した多種多様な非構造化データが存在する。これらは、管理の行き届かない「ダークデータ」の温床となり、取り組みを妨げている。

 本資料では、データの保護やガバナンス確立の大きな障害となる「ダークデータ」などの課題を根本的に解消するための次世代データ管理基盤について解説する。一つの仕組みで、あらゆるデータを一元的に可視化することが、サイバー脅威からデータを保護し、死蔵していたデータから価値を引き出すための鍵になるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。