資料の紹介

 コロナ禍をきっかけにテレワークが広がり、人々の働き方は大きく変わった。コロナ収束後はオフィス勤務が再び増えると予想されるが、引き続きテレワークも活用されるだろう。今後は、場所に依存しない「分散した業務環境」がニューノーマルになる。その結果、IT部門の業務も大きく変わる。

 例えば、リモートワーカー用のデバイスやアプリケーションの管理、リモートでのヘルプデスクやサポートの提供が必要になる。また、分散した環境で各部門にサービスを提供し、セキュリティやコンプライアンスを強化することも求められる。そのためにはツールの活用が欠かせない。ただし、安易に導入するとツールがサイロ化し、管理が複雑になって手に負えなくなるリスクもある。

 本資料では、複雑性を廃してシンプルな管理を実現するクラウドネイティブな管理ソリューションを紹介する。同ソリューションを利用すると、モバイルデバイスやPCの管理、仮想デスクトップとアプリケーションの管理、ゼロトラストモデルによるアクセス制御などを1つのプラットフォームで実現できるという。「分散した業務環境」を支えるIT管理基盤として注目したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。