資料の紹介

 製造業や建設業からメディア、エンターテインメントの業界まで、CAD、シミュレーション、CG、VFXなど、モノを作り出すためのツールは必要不可欠になっている。こうしたツールと、その活用シーンに変化がみられる。クラウドやデータ管理ソリューションを用いた、リモート作業や多人数での共同作業の取り組みが目立つようになってきた。このような取り組みは以前から増えていたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、より加速した。

 製造業においては、設計でのデータを起点として、製品コンセプトの立案から生産に至るまで様々な工程を一気通貫し、すべての関係者が共通のデータでコミュニケーションする取り組みが注目されている。

 本資料では、ものづくりのためのデータプラットフォームについて、その最前線を解説する。製造業では、あらゆるプロセスで「スマート化」が求められており、企画、設計、製造、販売など、各部門の力を結集する必要がある。そのためには、共同作業を円滑に進められる環境の整備が欠かせない。設計や製造の担当者だけでなく、ビジネス全体の推進役を担うマネジャーも必見の資料である。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。