資料の紹介

 コロナ禍により一気に浸透したテレワーク。出社を必要最小限に抑えるために、各企業は業務手順の早急な見直しを求められている。

 「経費精算」もその1つだ。これまでの紙による申請・承認や小口現金による立て替え払いの精算業務などは、真っ先に見直すべき課題といえる。経理・財務担当者の負担はもちろん、申請する従業員が精算・承認のたびに出社しなければならないとしたら、テレワークの推進などままならないからだ。あなたが経営者なら、この課題を解決するためにどのような施策を取るだろうか。

 本資料は、関東近郊に複数の拠点を持つ菓子メーカーを架空のストーリーで紹介し、ベストな経営判断を3択クイズで問うものだ。同社が直面したのは経費精算に関する課題。解決できる方法は1つではないが、同社にとってベストな選択は1つに絞られる。あなたがもし経営者なら、3つの選択肢からどれを選び、そしてその理由をどう説明するだろうか。本資料を読むことで、経営者としてのセンスと判断力が試されると同時に、経営判断に必要な会計知識を学ぶことができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。